看護ケアを行うために必要な知識と技術

看護ケアを行う際に重要なポイントがいくつかある。

まず一つ目は、医師の指示を正しく理解することである。
看護師の仕事には注射や点滴、内服といったものもあるが、単に施行するだけでなく、予測される副作用なども理解して看護ケアを提供することが重要である。患者も常に不安を抱えているため、施行する際にどのような目的で、どのような方法でケアを行うのか、またこれによりどのようになることが予測されるかをコミュニケーションを図りながら伝えることが重要である。

次に看護ケアを行う際に重要なのは、患者の反応を見ることである。
さまざまなケアを行う時、誰しもそのケアを受けることが初めてということもある。その場合にきちんとした説明し、患者の不安解消を目指すのが、看護ケアの基本となる。

さらに看護師が行う仕事として、医師の診療の補助のほか、看護の専門的なケアを行うことがある。
例えば、食事の介助や清潔に関する援助などだ。これらは、ただ患者にケアを提供すれば良いというわけではない。患者がどの程度できるかを理解し、根拠に基づいた看護ケアを行う必要がある。
また患者には、医師から指示された安静度や治療に関する制限などがあるので、まずはその指示をしっかりと理解しておく必要がある。そのうえで、患者にできる可能な看護ケアを実践していかなければならない。

看護ケアを実践すると必ずそこに患者の反応が返ってくるため、それを受け止めて分析することも重要である。その分析結果をふまえれば、次の看護ケアの実践に活かすことができるためである。